悍威に富み良性にして素朴の感あり

悍威に富み良性にして素朴の感あり、感覚鋭敏、動作敏捷にして歩様軽快弾力あり。

(日本犬保存会による、日本犬の本質とその表現の定義)

  日本犬の全国展覧会が岡山で開催されるというので、近場で開催されるこのチャンスを逃すまいと鼻息荒く行ってみた。

バレンタインパーク作東というところ

 えらいファンシーな名前だが、地図で見ると結構な山の中……。「恋人達の聖地」という冠言葉しかり、ペイネの彫刻があったり、噴水(現在休止中)があったり、バブルの残り香すげえなと思っていたら、計画が開始されたのは1989年らしい。やはり。18年かけて完成させたというのも凄い。バブル崩壊にもめげなかったんだなあ。そして、過疎地域の施設にありがちな廃墟感や鄙びた感じがあまり漂っていなかった。敷地もそこそこ手入れが行き届いている。あちこち電気を消されていたり、壊れたり破れたりした家具をそのままだったりしがちな「バブルの遺産」において、この整った感じは珍しい。レストランは田舎の公共施設の食堂感があり、無理をしていない感じが好感が持てる。紅葉も綺麗だった。

全国展覧会

 全般的にJKCのドッグショーよりも長閑な雰囲気だった。設備は運動場にロープ止の杭を打ち、ビニールテープで区切って出陳リングを作っている。本部テントの裏には紅白の横断幕。参加者も何だかのんびりしている。保存会が用意したテントに各ブリーダーが入っているのだが、朝からいきなり飲酒して真っ赤になっているおいさん達がいる。トリミング台を用意しているところは皆無だったのではないか。出陳ギリギリまで犬の身だしなみを調えていたあの緊張感や切迫感はない。出陳者の衣装も普段着が主流。スウェットだったり、作業着だったり。「日曜朝の散歩ついでに連れてきました」みたいな雰囲気。いや、散歩ついでに連れてきたはずは絶対ないんだけど。

 人間がのんびりしているので、当然犬ものんびりしている。というか、あまり人間のコントロールが入っていない。すれ違いざまに犬からにおいを嗅がれるのはしょっちゅう、たまに犬に飛びつかれた。リングに入ると、犬同士が威嚇し合い、人が手綱を引いてそれを止めたりしている。リングの面積が狭く、犬同士の間隔が狭いのでストレスだったのかもしれないが、JKCのドッグショーではまず見なかった光景。杭やその辺に排泄したり*1、うっかりその辺に座ったりしている。

 審査は

  • 歯を見る
  • 体高を測る
  • 目の前で「シュッ」と言いながら拳骨を提示する
  • 立ち姿を前後から見る
  • 一辺2m四方の枠内を、犬を誘導して歩く
ことで行うのだが、犬が嫌がったり、じっとしていなかったり、ハンドラーの誘導を嫌がったり、これも一苦労だった。犬のコントロールの入っていないっぷりは、JKCのドッグショーを見た後では結構な衝撃だった。日本犬はこんなにもしつけが入らないものなんだろうか。それとも「悍威に富み良性にして素朴の感あり」なので、あまりに人の指示に従うのは日本犬らしくないということなんだろうか。犬同士の威嚇は雄のブースで明らかに多く、雌はそうでもなかった。この辺も「素朴の感あり」だからだろうか。
 参考犬という、数回の受賞歴がある犬もこの辺はあまり変わらなかった。9歳と12歳の犬がパフォーマンスを行ったのだが、両方の犬ともハンドラーの誘導に十分従わず、場合によっては抵抗した。片方の犬は途中でポールに排尿していた。シニアの優秀犬でもこれか……。やはり素朴の(以下略 だからだろうか。
  しかし、私はこの緩さが良かった。強迫的な緊張感が漂うドッグショーよりも、いかにも「田舎の庭先で繋がれて飼われている番犬」という雰囲気がある。昔ながらの「目が吊った」顎のよく発達した顔の犬たちは精悍で格好良かったし。ただ、犬が苦手な人には、結構しんどい会だろう。あと、都会で楽しみのために飼う犬としては全然向かないと思うけど。

 

*1:便はちゃんと持ち帰っていた。

ギターウルフのライヴ

 高松でギターウルフのライヴを見た。ギターの人は5弦をまとめて一本に縛っていた。このギターで音が鳴るのか? ギターの後ろで、キーボードが主旋律を奏でている。そうか、ギターが十分に旋律を奏でられないから、キーボードが補足しているのか。

ギタリストの目が、サングラスの向こう側でニヤリと笑ったのがわかった。彼は歌いだした。

*******************************************************************************

 初めてのギターウルフライブ観賞を終え、私は物凄く高揚していた。知り合い(誰だかわからない女性)に、如何に素晴らしかったかを熱弁しながら、一緒に歩いていた。私達はレストランでこれから食事をするのだ。初めての店に入り、『一本鶏』と書いてあるメニューを彼女が指し「これは何でしょうね?」と訊いた。

「鶏のモモ肉じゃないですか。高松*1だし。……フヒッ」

笑ったところで、(あ、私今寝言喋った)と気づいて目が覚めた。久しぶりに楽しい夢だった。あと、ギターはセイジさんじゃなかったんだけど、白髪のグラサン爺さんだったので、数十年後のセイジさんなのかもしれない。

 

*1:高松名物に「骨付鶏」というニンニクと香辛料が効いた鶏肉がある。

色気とは何か

 今夏、実家の犬に会った時のことを考えていた。

 犬を洗い、犬が好むブラッシングを一通り終え、数十分後に犬と再会した。その時、犬はしっとりと期待に満ちた目で私を見上げ、静かに尻尾を振っていた。で、それが何だか妙に色っぽかったのだ。「秋波を送る」とはこういうことを言うのか! と、驚き困惑したものだった。私は「普段の犬の生活にはないような」長時間散歩や珍しくて美味しいおやつの提供者なので、期待されるのは自然なことであるが、何というか期待の寄せ方の湿度が妙に高かった。

 まさか犬の仕草に色気を感じる瞬間があるとはねー、と思いながらネギを刻んでいて、ふと気がついた。犬の仕草に色気を感じていたのは私だ。すると、犬の色気を受信する機能を私が備えていたということになる。不惑の歳になっても未だに色気の発信方法はわからないが、色気の受信機能は装備しているらしい。人のも、犬のも。そもそも、犬は色気を発していたつもりはないかもしれない。すると、私は犬の行動のどこに色気を見出していたのか。その要素を知りたいところ。

霧笛

 朝7時過ぎくらいのこと。まだ布団の中で、外を走るバイクの音を聞いた。独り暴走族をしているようで、けたたましい走行音を立てて去っていった。太陽の昇った時間帯に珍しいことだな。

 その後起床してカーテンを開けると、外は物凄い霧だった。階下に見える道路も白く煙っている。そうか、あのバイクは音で自分の存在をドライバーに教えていたのか。

過剰反応のドM

 そろそろ年末年始の御宿を予約しようと、旅行サイトでホテルを検索。検索条件の宿泊費用下限の設定が低過ぎて、検索条件に見合うホテルが出てこない。「おまえの提示する値段で泊まれるような宿は無いよ、この貧乏人!」と罵られているようで、ちょっと気持ち良い。

紅玉の煮たの

 紅玉が手に入って大変嬉しい。紅玉は芯だけ抜いてレンジでチンしても美味しいし、コンポートにしてもいいし、コンポートをホットケーキの具にしても良い。

 今回はホットケーキの具にすることを目的に、コンポート的な物を作ってみた。

  • 紅玉(小)6個
  • はちみつ 中さじ1
  • 水 150cc
  1. 紅玉の芯を取り、皮は剥かずに8等分する。
  2. 圧力鍋に敷き詰め、蜂蜜と水を投入。
  3. 1分加圧し、圧が下がるまで放置。
  4. 圧が下がったら、蓋を開けて熱を冷まし、水分を飛ばす。

1分30秒の加圧にしたら少し煮崩れたので、次は1分でやってみようと思う。持っている圧力鍋が140kpaと高圧なので、煮崩れし易いのかもしれない。シャキシャキした歯ごたえが残っているコンポートが好きなので、そもそも圧力鍋調理は向かないのかもしれないけど……。

昼食の革命

 小分けに冷凍保存した水煮の豆が、お弁当として大ヒット回転中。皿にあけて軽く温め、コンビニで買った小袋のドレッシングをかけて食べている。「今日はとても空腹になりそう」という日は、これにもち麦の炊いたのを加えて持って行っている。

www.family.co.jp

 元々のアイデアはコンビニの豆サラダからだったのだけど、今のところ大変よろしい。美味しくて満腹になるし、食物繊維が多いので腹持ちも良くて満足感が高い。カロリーは低い*1が栄養は満点。私は糖尿病罹患のリスクが高い血統なので、カロリーを抑えて満腹になれるのは大変ありがたい。ドレッシングの量も調節できるので、自分の好きな濃度の味に調整もできる。言うことなしだねオイ!美味しいなあと思いつつ、モサモサ毎日のように食べている。

 が、時々「これって美味しい雑穀だよね……」頭をよぎる。コレって、米を食べられない農民が食べてた食事だよな。大量のカロリーを必要としない自分の体を振り返ると、貧しい農民だったであろう祖先のことを思う。こんなところに御先祖の影響が。

 

*1:一食当たりの水煮豆の重量は大体140g程度なので、200kcal前後っぽい。おにぎり1個分!